google79fdffd13e94f5a7.html

第75回八丈島民大学講座「心とは何か〜ダンゴムシの行動観察からわかったこと」、「素粒子で探る宇宙の謎」

2018.09.06 Thursday

0

    協会主催行事のお知らせです。

     

    「第75回八丈島民大学講座」が
    9月7日、8日の2日間、
    七島信用組合2階ホールにて

    19時より開催されます。

     

     

     

     

     

     

     

    例年、9月の講座は、首都大学東京との共催で行われています。

     

    1日目(7日)のテーマは、「心とは何か〜ダンゴムシの行動観察からわかったこと」。

     

    信州大学繊維学部の森山徹准教授による講義です。

     

    内容について、森山准教授から次のようなメッセージをいただきました。

     

    「なるほど。ダンゴムシに心はある!」

    本講演では、みなさんにきっとそう思ってもらえる実験結果を紹介します。

     

    そして研究の結果、私がたどりついた心の正体「隠れた活動体」

    とは何かを解説します。

     

    それは本当に心の正体なのか?

     

    みなさん、ぜひ一緒に議論しましょう!

     


    2日目(8日)は、「素粒子で探る、宇宙の謎」

     

    首都大学東京の住吉孝行名誉教授による講義です。

     

    約137億円前に宇宙が誕生したとき、すべての粒子は反粒子と対で作り出されました。

    ところが、現在の宇宙には反粒子は存在しません。

    この謎を解くために加速器を用いた素粒子研究が行われています。

    消えた反粒子や暗黒物質など、素粒子で探る宇宙の謎について分かりやすく説明します。
     

     

    両日とも、申込不要、入場無料でどなたでも参加できますので、
    ぜひご来場ください!

     

    第75回八丈島民大学講座 

    主催 八丈島文化協会、 首都大学東京
    後援 八丈町教育委員会
    協賛 七島信用組合 
    ホームページはこちら→CLICK!


    1日目「心とは何か〜ダンゴムシの行動観察からわかったこと」
    9月7日(金) 19:00〜20:30 

      森山徹 信州大学繊維学部准教授(比較認知科学、動物行動学、心と意識の科学)

     

    2日目 「素粒子で探る、宇宙の謎」 

    9月8日(土) 19:00〜20:30 

      住吉孝行首都大学東京誉教授(高エネルギー実験物理学)

    スポンサーサイト

    2019.08.23 Friday

    0
      コメント
      コメントする