google79fdffd13e94f5a7.html

第30回記念八丈島文化フェスティバルが開催されました!

2019.02.25 Monday

0

    第30回八丈島文化フェスティバルが、

    舞台部門は町ホールで2月10日に、

    作品展部門は町民ギャラリーで2月9日から11日までの3日間、

    開催されました。

     

     

    来場者数は、両部門あわせて、のべ1000人。

    島内外の大勢の方にご来場いただきました。

    ありがとうございました。

     

    出演者・出展者は約300人、スタッフは100人。

    総勢300人の力が集結し、

    30回にふさわしいフェスティバルとなったのではないかと

    思います。

     

    ご協賛、ご後援いただいた団体、企業も含め、

    関係するすべての方々に感謝申し上げます。

    ありがとうございました。

     

    来場者アンケートの一部紹介させていただきます。

     

    「島民の皆様の素晴らしさに触れることができました。

    見ごたえ、たっぷりでした」

     

    「素敵な時間をありがとうございました」

     

    「出演者と観客が一緒になってすごい感激でした」

     

    「たくさんの関係者が力を合わせてフェスティバルを盛り上げてくれていることに感動しました」

     

     

    作品展部門にも感動の声をたくさんいただきました。

     

     

    「作品がどれもすばらしかった」

     

    「どの作品も力作でセンスと

     根気のいる作業だと思いました」

     

    「皆さんきめ細やかな作品におどろきと感動です」

     

     

     

     

     

    今回は30回記念ということで、

    これまでの歴史を振り返る企画を行いましたが、

    好評でした。

     

    「平成最後の30周年文化フェスティバルは、

    いろいろな企画あり、団体とのコラボありで

    とても良かったです!」

     

    「30年記念企画として昔からの映像もありインタビューがあり良かった」

     

    「節目にふさわしい、すばらしい1日の

     全ステージでした」


    「島民の皆様の素晴らしさに触れることができました。

     

     

    今年も、八丈太鼓や民謡、日本舞踊や音楽演奏、

    フラやヒップホップと、さまざまなジャンルで

    子どもたちの活躍が見受けられました。

     

    子どもたちの年々成長していく姿を見られるのも

    文フェスの醍醐味だと思います。

     

    もちろん、年々素晴らしくなっていっているのは

    子どもたちだけではありません。

     

    「毎年観ていると、徐々にレベルアップしてきているのがわかります。

    1つのことを長く続けることは大切ですね。

    皆さんとても素晴らしかったです」

     

    「毎年素晴らしくなってきて、楽しみです」

     

    舞台部門も作品展部門も

    回を重ねるごとに、パワーアップしていて

    みなさん本当にすごいと思います。

     

    舞台部門のトリを飾った「八丈メモリアルバンド」は、

    文フェス30回を記念して、

    八高吹奏楽部のOB・OBが中心になって

    今回のステージのために結成されました。

     

    島外に住んでいる子がほとんどで、

    みな働いていたり、学生だったり、

    それぞれ、本土での生活がある中、

    時間と交通費をやりくりして

    文フェスのために集って

    素晴らしい演奏を奏でてくれました。

     

    「ありがとう!メモリアルバンド」

     

    「メモリアルバンド、今日のために頑張って

    集まってくれたそうで嬉しく思います」

     

    島で育った子どもたちが成長して

    文フェスのステージのために帰ってきてくれたと思うと

    本当に感無量です。

     

     

    フィナーレはメモリアルバンドが演奏する

    「風になりたい」で出演団体が登場し、

    文フェスのテーマ曲

    「風のうた」を全員で歌ってしめくくりました。

     

    「スライドもとても懐かしく、皆さんの笑顔がいいですね。

    風のうたのメロディーが心にしみましたよ。

    確実に次世代につながっていて安心しました。

     

    出演者、スタッフの皆様、続けてくださってありがとうございます。

     

    1回目からのポスターを見て昔を思い出していました。

    30回を迎えるとは夢にも思っていませんでしたから。 

    素晴らしいフェスティバルです」

     

    これを書いてくださったのは、おそらく、

    文化フェスの立ち上げから長年、実行委員を勤められていて、

    今は引退なさった方ではないかと思います。

     

    文化フェスの歴史、

    そして30年続いてきたことの重みを

    実感する言葉でした。

     

    iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

    iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

    iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

    iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

    iPhoneImage.png

     

     

     

    「これからも続けて、感動をください」

     

    「30年続けることは大変なことです。続いていくことを願っています」

     

    「準備など大変なご苦労があると思いますが、これからもずっと続けてほしいです!」

     

    このような言葉をいただけると励みになります。

     

    40回をめざして、

    これからも続けていきたいと思います。

     

    本当にありがとうございました!

     

    また来年、お会いしましょう。

     

    八丈島文化フェスティバル実行委員会

    八丈島文化協会

     

    ☆当日の模様はFaceBookにアップされています。ぜひご覧ください⇒CLICK!

     

    ☆今回、八丈高校「写真同盟」の高校生たちが文化フェスの様子を撮影してくれました!

    後日アップ予定です。ご期待ください!

     

     

    スポンサーサイト

    2019.08.23 Friday

    0
      コメント
      コメントする